読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stroll The Earth

Yuya Kanaiの旅ブログ

イースター島の村散策

 

イースター島には1週間いましたが、そのうち8割はのんびりしてました。

 

モアイを見終わったら、あとはのんびりするぐらいしかやることありません。

 

ビール飲んで、釣りして、ウミガメと泳いで、夕陽見て…

 

最高の1週間でした。

 

まずは泊まった宿「camping mihinoa」

 f:id:yk10bb89:20170426211427j:image

イースター島では、毎日テント暮らしをしてました。

 

イースター島でキャンプってめっちゃ楽しそうだなって思ってここにしました。

 

まずロケーションが最高。

 f:id:yk10bb89:20170426211435j:image

目の前が海です。

 

テントの中も、1人用のテントだけど快適。荷物置いても全然寝るのに邪魔ではありません。

 

テント、寝袋、マットは全て貸してくれます。

 

それで一泊9900ペソ。

 

イースター島の中ではかなり安いほうです。

 

まあデメリットは、ちょっと大通りや栄えてるところまで遠い。

 

それでも歩いて10分ぐらいなので、そこまで気になることではなかったです。

 

そして雨にやられることがある…

 

泊まってた中で、一晩だけかなりの暴風雨にあい、ちょっと水が染み込んできました。

 

まあその時はかなりの暴風雨が一晩中降り続いたので、そういう結果に。

 

ちょっとの雨なら全然大丈夫でした。

 

キッチン・シャワー・Wi-Fiありです。

 

まあWi-Fiは期待しないほうがいいです。

 

イースター島自体、Wi-Fiが弱く、たまに使えるぐらいでした。

 

あと空港まで送り迎えしてくれます。

 

迎えは予約していれば来てるはずです。

↑知らなくて歩いて行っちゃいました

 f:id:yk10bb89:20170426211514j:image

あと人懐っこい猫がいます。

 

 

 

次に村情報。

 f:id:yk10bb89:20170426211531j:image

おいしいエンパナーダ屋さん。

 

イースター島限定なのが、「Atun」が入ってるやつです。

 

Atunはマグロのこと。ツナ入りのエンパナーダです。

 

僕はAtun queso、ツナチーズを頼みましたがめっちゃうまかったです。

 f:id:yk10bb89:20170426211554j:image

レンタカー屋ゾーン。

 

何軒か並んでますが、1番手前の店が1番人気らしいです。

 f:id:yk10bb89:20170426211608j:image

僕もここで借りました。

 

ちなみに、安すぎるお店を選ぶと、何かと難癖をつけられお金を取られるらしいのでご注意を。

 f:id:yk10bb89:20170426211643j:image

国立公園のチケットを買えるとこ。

 

モアイのあるとこのほとんどは国立公園内です。

 

モアイのポイントごとに、きっちり係の人がいるので必ず買う必要があります。

 

54000ペソor80ドル。

 

こんなにお金取るくせに、一回しか行けないとこがあったり、夜入れてくれなかったりとケチくさいです。

 f:id:yk10bb89:20170426211709j:image

f:id:yk10bb89:20170426211733j:image

Wi-Fi公園。

 

フリーWi-Fiが使える公園が2つあります。

 

まあまあ普通に使えました。

 f:id:yk10bb89:20170426211741j:image

おいしいアイスクリーム屋。

 

ダイビングショップの近く。

 f:id:yk10bb89:20170426211800j:image

種類も豊富で、暑いときには最高でした。

 

値段は、

シングル 2100ペソ

ダブル 2800ペソ

トリプル 3500ペソ

 

まあそこまで高くないかなって感じ。

 

f:id:yk10bb89:20170426211813j:image郵便局。

 

ここでモアイのスタンプが押せます。

 

無料だったので、ぜひパスポートに。

 

切手は1000ペソでした。

f:id:yk10bb89:20170426211837j:image

f:id:yk10bb89:20170426211853j:image 

ATM2つ。

 

2つとも海沿いにあり、近い位置にあります。

 

お金を下ろす機会がなかったので使いませんでしたが、村内でも下ろせます。

 

まあ手数料が結構高いらしいですが…

 f:id:yk10bb89:20170426211909j:image

かわいいタンブラーが売ってるお店。

 

モアイのイラスト付きのタンブラーが売ってます。

 

店員にごり押せば、モアイの袋ももらえるのでがんばってみてください笑

 f:id:yk10bb89:20170426211926j:image

ウミガメと泳げるスポット。

 

村にあるモアイの近く。

 

浅瀬なので、泳げなくても全然大丈夫です。

 f:id:yk10bb89:20170426211948j:image

ウミガメが泳いでるのか流れてるのか微妙ですが、結構な頻度でいました。

 f:id:yk10bb89:20170426212026j:image

ちなみに奥にあるレストランでは、セビーチェが食べれます。

 

 

って感じでのんびりライフを楽しんでました。

 f:id:yk10bb89:20170426212048j:image

 

レンタカーでイースター島周遊

 

イースター島と言えばモアイ🗿

 

島中にモアイが点在しています。

 

このモアイを見るために、レンタカーで島を巡りました。

 

そもそも、島を巡るにはいくつかの手段があります。

・レンタカー

・バイク

・自転車

・バギー

ぐらいかな。

 

この中で難しいのが自転車。

 

チャリダーとか普段自転車乗ってる人ならいけるかもしれませんが…

 

イースター島の道はそんなに良くなく、ガタガタなところもあります。

 

そしてアップダウンもあるのできついです。

f:id:yk10bb89:20170421105035j:image

f:id:yk10bb89:20170421105057j:image

値段はこちら。

 

今回借りたのはマニュアルの4人乗りの車。

 

表示は50000チリペソだけど、当日行ったら値切る必要もなく、40000ペソで借りれました笑

 

車が余ってるらしく、当日行っても大丈夫そうです。

 

しかも当日のほうが安そう。

 

 3人で行ったので、1人13000ペソぐらい。プラスガソリン代合わせても16000ペソほどで借りれました。

 

王道のプランは、お昼から車を借りること。

 

なぜなら、その日は普通にモアイを見に行き、次の日の朝、モアイと朝日を一緒に見に行くことができます。

f:id:yk10bb89:20170424103338j:image

今の時期は、モアイの背後から太陽が昇ってくるっていうのは見れませんでしたが…

 

1番の朝日スポットは「トンガリキ」というとこ。

 f:id:yk10bb89:20170425123629j:image

モアイが15体並んでるところで、よく写真でも見るところだと思います。

 f:id:yk10bb89:20170425123654j:image

 ここはモアイがここで造られてたという場所。

 

かなり近い距離でモアイが見れます。

 

周ってみて気づいたのですが、意外と倒れてるモアイが多い。

 f:id:yk10bb89:20170425123705j:image

もう倒れてるのはいいよってなります笑

 

僕が訪れたのはちょうど満月の日。

 

せっかくなので満月とモアイを一緒に撮りたいと、夜にトンガリキに向かいましたが…

 

中に入れてくれませんでした。ちゃんと見張りがいます。

 

けど中に入った人の写真を見たことあるので、いない時もあるのかな?

 

それとも裏口があるのか。

 

そして満月の明るさを思い知らされた。

 f:id:yk10bb89:20170425123846j:image

まるで昼撮った写真みたい。

 f:id:yk10bb89:20170425123904j:image

星なんて全く撮れませんでした。

 f:id:yk10bb89:20170425123932j:image

カルデラみたいなやつ。

 

「君の名は」にこんな感じの出てくるらしい。

↑見てないのでピンとこない笑

 

 

 

 

ちなみにガソリンなんですが、日本と違い、満タン返しではありませんでした。

 

「借りたときのメモリの位置で返してね」とのこと。

 

マニュアル車だったこともあったのか、メモリは全然減りませんでした。

 

なのでガソリンは10000ペソ分で全然足りました。

 

結構余計に使ったほうだと思うので、もう少し少なくてもいいかもしれません。

 

って感じのモアイ巡りでしたー🗿

 

 

ハプニング続きでイースター島へ

 

ブエノスアイレスからチリのサンチアゴ経由でイースター島へ向かいます。

 

いきなりハプニング。ブエノスアイレス発の飛行機が遅れます。

 

サンチアゴでの乗り継ぎ時間は1時間半。かなりギリギリです。

 

飛行機は30分遅れで出発。

 

サンチアゴに到着はしましたが、またしてもハプニング。

 

ゲートがどこも空いてないから入れないということで、15分の立往生。

 

結局着いたのは9時15分ごろ。

 

イースター島行きの飛行機は9時半発。

 

100%間に合いません。

 

乗り継ぎの人も多かったみたいで、みんな走るように飛行機を降りてました。

 

もう急いでも間に合う気がしなかったので、とりあえずラン航空のスタッフのところへ。

 

したらイミグレを出て、窓口に行ってということなので向かいます。

 

イミグレは30分ほどで抜けました。

f:id:yk10bb89:20170416121811j:image

ここがラン航空の窓口。

 

話すと、今日のイースター島行きはもうないと言われ、明日に変更するようにと。

 

そしてホテルを手配してくれました。

 

それがなんとヒルトン!しかもシングルで。

 

朝昼晩ご飯付き。空港間の送迎付きです。

 

遅れたからホテルとかは手配してくれるだろうと思ってたけど、まさかヒルトンとは。

 

さすがラン航空!

 

イースター島には今日行けないけど、ヒルトン泊まれるしいいやと気持ちを切り替えると…

 

「やっぱ今の話忘れて!」

 

スタッフが急にホテルの紙をしまいました。

 

まさかの乗る予定だったイースター島行きがまだ出発してないと。

 

この時点で10時半。その飛行機はすでに1時間遅れ。

 

ラン航空よく遅れるなー。

 

11時発と言われ、急いでターミナルに向かいました。

 

イースター島行きは国内線でした。情報だと国際線の場合もあると聞いてて、日によるのかな。

 

あーヒルトン泊まりたかったなと心残りもありましたが、とりあえずその日にイースターに行けることに。

f:id:yk10bb89:20170416121813j:image

ゲートに着くと、やっぱりまだ出てない。

 

そして何かアナウンスがあると、急に騒がしくなりました。

 

列ができたので、とりあえず並ぶと、

f:id:yk10bb89:20170416121834j:image

このカードだけもらえました。

 

まだまだ飛行機が出ないみたいで、空港内のレストランで使えるカードらしいです。

 

まだ出ないんかい!

 

とりあえずタダでご飯が食べれるということでレストラン探し。

 

全部周りましたが、ちゃんとした量が食べれそうなのはマックだけ…

 

あとはスタバもありましたが、お腹空いてたのでまたマック

f:id:yk10bb89:20170416121814j:image

1番高いやつ頼んでやりました。ここで気づいたんですが、このカードは6900ペソ分しか使えないみたいです。

 

まあ一食は余裕で食べれる値段なんですけどね。

 

ここで思い出したことが。

 

チリペソ持ってない…

 

慌ててゲートに向かったので、お金下ろすの忘れてました。

 

イースター島のATMは手数料高いし、上限があると聞いていたので、サンチアゴで下ろしたかったのに。

 

急いでATM探し。セキュリティ内には1つ。写真を撮り忘れましたが、スタバの目の前にありました。

 

ここのATMは上限200000ペソ。手数料5ドル。

 

結局ここでも手数料と上限もありましたが、下ろしました。

 

この時点で1時すぎ。

 

まだ飛行機出る気配がありません。

 

遅れてる理由ですが、聞いてもわからないので聞かなかったけど、天気は快晴だったので、恐らく機材トラブルかなと。

 

あとはひたすら暇つぶし。ワンピース読んでました。

f:id:yk10bb89:20170416121809j:image

結局出発は15時。

 

6時間遅れです。飛行機がこんなに遅れたのは生まれて初めてです。

 

遅れてなかったら、その日行けてなかったけど、さすがに遅れすぎです。

f:id:yk10bb89:20170416121843j:image

そしてイースター島到着。着いたのは7時前でした。

 

ハプニングだらけだったけど、無事イースター島に着けました。

ブエノスアイレス・エセイサ国際空港情報

 

次に目指すはイースター島。

 

ブエノスアイレスからチリのサンチアゴ経由で向かいます。

 

出発は早朝だったので、空港泊をすることに。

f:id:yk10bb89:20170416121927j:image

ラン航空はターミナルAでした。

f:id:yk10bb89:20170416121943j:image

夜ご飯にマック。ペルー、ボリビアでもマックはありましたが、これが南米初マックです。

 

ほんとはもっといい物食べようと思ってたけど、空港内にあまりレストランなどなく、結局マックにしました。

 

ビックマック130ペソ。アルゼンチンの物価のせいか、かなり高いです。

 

味は普通のマックでした。

 

早めにセキュリティを超えて、ラウンジを使いたかったのですが、チェックインできるのは深夜1時からと…

f:id:yk10bb89:20170416121923j:image

空き時間は二階にあるこのスペースでくつろいでました。

f:id:yk10bb89:20170416121913j:image

ここにした理由はコンセントがあるから。空港内にフリーWi-Fiもあるので、快適に過ごせました。

f:id:yk10bb89:20170416121912j:image

場所はすぐにわかると思います。

 

〈エセイサ国際空港ラウンジ情報〉

・スターアライアンスラウンジ

f:id:yk10bb89:20170416121947j:image

プライオリティパスで入ることのできるラウンジはここだけです。

f:id:yk10bb89:20170418230011j:image

場所は9番ゲート付近。

f:id:yk10bb89:20170416121931j:image

二階にあがるとラウンジがあります。

f:id:yk10bb89:20170416121941j:image

軽食あり。シャワーあり。Wi-Fiあり。コンセントあり。

f:id:yk10bb89:20170416121933j:image

シャワーはタオル、シャンプー全てそろってました。

 

 

これが初めてのラウンジでしたが、少し場違いな気が。

 

なかなかできない経験。すごい快適でした。

ブエノスアイレス市内からエセイサ空港への移動

1アルゼンチンペソ=8円

 

 

ブエノスアイレスには特に用はなく、治安も良くないと聞くので、バスターミナル到着後すぐに空港に向かいました。

 

空港へは、Retiroバスターミナルのすぐ近くから直通バスが出ています。

 

まずバスターミナルを駅方向の出口から出ます。

f:id:yk10bb89:20170416121744j:image

すると右前方に時計台のある公園があるので、その公園を横目に歩きます。

f:id:yk10bb89:20170417225623j:image

シェラトンが目印です。この方向に歩きます。

f:id:yk10bb89:20170416121746j:image

するとそのシェラトンの向かいに、バス会社のオフィスがあります。

f:id:yk10bb89:20170416121741p:image

ピンの位置です。maps meにもターミナルが載ってました。

f:id:yk10bb89:20170416121743j:image

Leon社。空港へは片道210ペソ。

 

乗ったのは14時発。

 

到着後10分しかなかったので時刻表は確認できませんでしたがら恐らく1時間に一本ぐらいなのかなと(あくまで予想です)

 

空港へは1時間ほどで到着。バスにはWi-Fiも付いてました。

 

空港から市内行きは、他の会社もあったので、もしかしたらLeon社以外にもあるかもしれません。

 

使う航空会社によって、降りるターミナルが違うので、そこだけご注意を。

 

エンカルナシオンからブエノスアイレスへ移動

100円=5200グアラニー

 

パラグアイのエンカルナシオンからブエノスアイレスへは、直通バスが出ています。

f:id:yk10bb89:20170416121847j:image

ここがエンカルナシオンのバスターミナル。

 

周りには安めの屋台もあります。

f:id:yk10bb89:20170416121751j:image

焼き鳥一本とジャガイモが付いて5000グアラニーでした。

 

ブエノスアイレス行きのバスはいくつか出ていますが、選んだのはNSA社。

f:id:yk10bb89:20170416121752j:image

理由は時間帯です。ブエノスアイレスには、昼ごろ着きたかったので、19時発のあるこの会社にしました。

 

バスの到着が遅れ、結局出たのは20時。

 

待ち時間にボリビア人と仲良くなり、「お前はモチーラ(荷物)だから荷物と一緒に入ってな」っていじられました笑

 

出発後すぐにパラグアイの国境。

f:id:yk10bb89:20170416121927j:image

係の人がバスの中にパスポートを取りに来るので楽チンでした。

 

問題がアルゼンチン側。

 

別に混んでたわけではないのに、結局2時間かかりました。

f:id:yk10bb89:20170416121953j:image

夜ご飯に出たパンづくし。美味しいやつと、そうでもないやつがありました。1番美味しかったのは左下のカツサンドみたいなやつ。

f:id:yk10bb89:20170416121749j:image

朝には軽食のお菓子が出ました。

f:id:yk10bb89:20170416121759j:image

そしてブエノスアイレス到着。

 

予定では9時到着でしたが、遅れて12時ごろに到着。

 

時差もあるので、約17時間の長旅でした。

 

エンカルナシオン日帰り散策

100円=5200グアラニー

 

パラグアイのエンカルナシオン🇵🇾

 

着いたのは朝7時前。アルゼンチンとの時差が1時間あり、1時間前に戻りました。

f:id:yk10bb89:20170409155029j:image

エンカルナシオンのバスターミナル。

 

 

バスターミナル付近に銀行やATMはなく、両替のおっちゃんが何人も座ってました。

 

レートはかなり悪かったですが、変えないとお金なかったので両替。

 

40ドルが216000グアラニー。

 

てかパラグアイに来て、聞いたことない数字のスペイン語言われて、何かと思ったらケタがおかしい。

 

エンカルナシオンといえば、ブラジルビザが即日取れるので、来る人が多いらしいです。

f:id:yk10bb89:20170409163440j:image

ブラジル大使館は、バスターミナルのすぐ横にありました。

 

 そして次にトリニダー遺跡を目指しました。

 f:id:yk10bb89:20170409160729p:image

エンカルナシオンから少し離れています。バスで片道10000グアラニー。

 

バスターミナルからトリニダーを通るバスが出てるので、それに乗って向かいます。

 

バスターミナルから30分ほどでトリニダーに到着。

 

バス停から遺跡までは、歩いて10分ほどです。

 

「Trinidad del parana」という標識に従って行けば着きます。ほぼ一本道です。

 

入場料は25000グアラニー。

f:id:yk10bb89:20170409160256j:image

イエズス会の宣教村の跡で、世界遺産に登録はれています。

f:id:yk10bb89:20170409160523j:image

f:id:yk10bb89:20170409160546j:image

なぜか頭だけ削られてる像がいくつもありました。

 

じっくり遺跡を堪能し、エンカルナシオン市内に戻りました。

 

 お昼に食べたのは日本食。

 

エンカルナシオンの日本料理店ヒロシマに行きました。

f:id:yk10bb89:20170409160853j:image

高級料理店みたいな店構え。

f:id:yk10bb89:20170409160927j:image

f:id:yk10bb89:20170409160952j:image

頼んだのはカツ丼。

f:id:yk10bb89:20170409161034j:image

これで35000グアラニー(約670円)だったので、海外の日本食からしたら安い。

 

めっちゃ美味しかったです。

f:id:yk10bb89:20170409161449p:image

場所は青いサークルで囲まれているところ。

 

バスターミナルから歩いて15分ほどです。

 

その後は、エンカルナシオンの文字のモニュメント探し。

 

どこにも情報なくて、けど川沿いの写真だったのでとりあえず川へ。

f:id:yk10bb89:20170409162855j:image

海みたいだけど川です。向こうに見えるのは、アルゼンチンのポサーダス。

f:id:yk10bb89:20170409162909j:image

 川だけど、ビーチがあります。

 

このビーチ付近にいた、スタッフにモニュメントのことを聞きました。

 

グランデ エンカルナシオンで分かってくれた笑

f:id:yk10bb89:20170409163112p:image

左上のピンのとこです。

f:id:yk10bb89:20170409163159j:image

 地名のモニュメントって色んなとこにあるから、色んなところの撮りたいな。

 

以上でエンカルナシオン散策終了です。