Stroll The Earth

Yuya Kanaiの旅ブログ

エッフェル塔で1日1回だけ見られる「ダイヤモンドフラッシュ」は見ないと損!!

 f:id:yk10bb89:20180213210813j:image

パリのシンボル的存在

エッフェル塔

 f:id:yk10bb89:20180213210410j:image

夜は毎日ライトアップされてて

幻想的なんですが

(これ撮った瞬間にカメラ逝きました…) 

 

中でも日没後の毎時0分から5分間

キラキラのイルミネーションが点灯する

シャンパンフラッシュ」!!

これは見逃せないイベントです!

(画像はありません。笑)

 

 

まあここまでは普通に見られるので

そこそこ知られてます。

 

そして今回紹介したいのは

ダイヤモンドフラッシュ

 

1日1回しか見られないが故に

あんま知られてないイルミネーションです!!

 

 

違いは

シャンパン🍾かダイヤモンド💎か

 

どっちもキラキラしてそうですが

 

とりあえず見たほうがわかりやすいんで

こちらをご覧ください💁‍♂️


エッフェル塔 ダイヤモンドフラッシュ

これがダイヤモンドフラッシュです!

 

 

本来のシャンパンフラッシュは

エッフェル塔自体も照らされた状態で

キラキラ光るのに対して

 f:id:yk10bb89:20180213210524j:image

ダイヤモンドフラッシュはエッフェル塔の明かりが消えた状態で光ります。

 

写真がプロいお方が撮ると

こんなのも撮れちゃいます💁‍♂️

 

eriaさん(@0eria0)がシェアした投稿 -

自分なりにこの写真みたいに撮るには

どうするか考えて現地に行ったんだけどな...

(カメラが...)

 

 

1日1回だけなんで絶対見てほしい!!

 

と言いたいところなんですが…

実は頑張らないといけない理由がありまして

 

時間が遅すぎる!!

 

はい。

実はダイヤモンドフラッシュをやるのが

深夜1時からっていうアホみたいな時間なんです…笑

 

宿によっては終電もありません。

↑ちなみに僕は曜日を勘違いしていて

終電を逃し、宿まで1時間かけて歩いて帰りました。これ世界一周最後の夜。

 

 

エッフェル塔周辺は1時でも

結構みんなダイヤモンドフラッシュ見に来てて

人もいっぱいいるんだけど

 

他の場所は気をつけないと危ないかも。

 

 

なので

  • エッフェル塔に近い宿の人とか
  • 終電が大丈夫とか
  • 電波使えてUber呼べたりする人
  • 全然歩いて帰ってもいい人は

是非ダイヤモンドフラッシュに挑戦してみて!!

 

ダイヤモンドフラッシュ

深夜1時〜5分間

意外と知られてない【国際免許】の取り方

今回はめっちゃ簡単に取れる国際免許のお話

 

 

旅から帰ってきて

色んな旅の話をする機会があるけど

結構聞かれたのが運転の話。

 

「免許ってどうするの?」

って聞かれることが多々ありました!

 

 

んで国際免許の話をすると

「なにそれ?」とか

「どうやって取るの?」

って質問。

 

 

 

「あれ。意外と知られてないんだ。。。」

 

ってことで国際免許の取得方法をご紹介!

 

 

まあ結論から申し上げますと

 

お金さえ払えば誰でも取れます!!

↑言葉は悪いけど笑

 

 

🤷🏻‍♂️どうせお高いんでしょ!?

 

🙋‍♂️たった2400円です。(神奈川県の場合)

 

 

🤷🏻‍♂️海外の交通ルールとか勉強するの?

 

🙋‍♂️いいえ、一切。

 

細かいルールは後ほど詳しく説明するとして

国際免許の取得はめっちゃ簡単です!

 

 

旅中は

 f:id:yk10bb89:20180207222204j:image

イースター島をレンタカーで周遊したり

 f:id:yk10bb89:20180207222311j:image

キャンピングカーでアメリカ横断したりと

 

 

運転する機会がありましたが

その国の交通ルールとかほとんど知らない状態でした笑

 

 f:id:yk10bb89:20180207222359j:image

そのせいでアメリカで捕まりかけたのは

また今度🤚笑

 

 

ここでは神奈川県の取り方を紹介します!

 

必要なもの

  • 運転免許証
  • 申請書(試験場で書けるよ)
  • 写真(タテ5×ヨコ4)
  • パスポート
  • 手数料2400円

 

以上です。

 

手順

  1. 二俣川の免許センターに行く
  2. 国際免許の受付する
  3. 15分ぐらい待つ
  4. 国際免許ゲット

 

以上です

 

 

まあ待ち時間は日にもよりますが

平日であれば空いてるかと。

 

とりあえず即日取得できます!

 

 f:id:yk10bb89:20180207222504j:image

ご覧の通りめっちゃ簡単ですね!

 

 

ちなみに写真は試験場でも取れました(600円)

 

営業時間とかはこちらを見てね

神奈川県警察/国外(国際)運転免許証の申請手続について

 

さらっと説明してきましたが

 

国際免許取るのはめっちゃ簡単なんで

旅行でレンタカー借りるのも選択肢に入れてみてね!

 

 

 

 

モロッコで黄熱病の予防接種

 

以前、ペルーのリマで黄熱病の予防接種のブログを書きましたが

 

今回はロッコで打つ話

 

もうすでに自分は打ち終わってるので、もちろん打ったわけではないですが

 

一緒にいた人が打つということでついていきました!

 

ロッコ最大の都市カサブランカ

 

ここにある病院で受けることができます

 f:id:yk10bb89:20180125084738j:image

場所はこちら

 

Institut pasteur」という名前のところです

 f:id:yk10bb89:20180125084332j:image

入り口

 

大通りから一本入ったところにありますが、突き当たりに入り口があるのでわかりやすいと思います

 

着いたのは夕方4時頃

 

ちょっと遅すぎたかなーと思いつつも

 

守衛さんに

「ワクチン打ちたい!」

と話すと

 

「今日はもう終わってるよ〜」

 

やっぱり…

 

15時までだったらしい

 

「1000ディルハム払えば今日打てるよ」と

 

いやいや、高すぎるやろ

 

日本と変わんないじゃん!

 

できれば今日打ちたかったので、ちょっとゴネていると

 

守衛さんが医者に話をしに行ってくれました!

 

すると

 

医者が出てきて、

「いいよー」

って

 

めっちゃ優しいドクターでした

 f:id:yk10bb89:20180125084537j:image

ワクチンのところへ連れてかれ

 

すぐ打ち終わりました

 

値段は250ディルハム

 

日本の4分の1の値段だし、ペルーの半分ぐらい!

 

医者の話によると、結構日本人の来客も多いらしい

 

やっぱりアフリカで必要になってくるからかな

 

 

 

 

って感じで、無事に予防接種を見守り終わりました!

 

 

「Institut pasteur」

営業時間 8時〜15時

 

 

アクセス

カサブランカ市内を走るトラムの「faculte de medicine」駅から徒歩1分

 

トラムは一律6ディルハムで乗ることができます

 

タクシーの場合は「Institute pasteur」を伝え、メータータクシーor交渉

 

 

メキシコシティ空港から市内移動

メキシコシティ国際空港から市街地までは、タクシー・バス・地下鉄の方法があります。

 

タクシーは楽だけどちょっと高い。

 

地下鉄は大きな荷物を持ったままだと大変。

 

ちなみにメキシコシティの地下鉄はスリが多いといいます。僕もスリにあいました。対策をしっかりしていたので、被害はありませんでしたが。

 

てことでバスで向かうことにしました。

 f:id:yk10bb89:20170506190204j:image

空港から市街地までは、メトロバスと呼ばれるバスが走っています。

 

このメトロバスは、市内での移動でも結構使うことになると思います。

 

空港から市内までは30ペソ。

 f:id:yk10bb89:20170506190408j:image

僕はこのSuicaのようなものを、南米で出会った旅人にもらっていたので、これを使って乗りました。

 

バスは、このカードがないと乗れないので、購入する必要があります。

 

〈このカードのチャージ方法〉

f:id:yk10bb89:20170506190533j:image

空港や市内のバス乗り場に、この機械が置いてあることがあります。

 

英語もあるので安心です。

 f:id:yk10bb89:20170506190452j:image

まずはRECHARGEを選び

 f:id:yk10bb89:20170506190514j:image

画面の支持に従って、カードを置いて

 

後はチャージ分のお金を入れて完了です。

 

カードを持っていない方は、この機械で購入できます。

 

発行するのに10ペソかかるそうです。

 

 f:id:yk10bb89:20170506190234j:image

バスの車内はこんな感じ。

 

いつもいるのかはわかりませんが、ずっと警官が1人いました。

 

降り場の案内とかはない場合があるので、GPSを見ながら乗るか、運転手に降りたいところを言っておくといいかもしれません。

 

 市内から空港に向かう場合もこのバスで行けます。

 

しかし、このLine4という路線ですが、空港に行くやつと行かないやつがあるので注意が必要です。

f:id:yk10bb89:20170506190710j:image

目印として、バスに30ペソと書いてあるので、それを見逃さないようにしましょう。

 

 

 

以上、空港からの移動編でした。

イースター島の村散策

 

イースター島には1週間いましたが、そのうち8割はのんびりしてました。

 

モアイを見終わったら、あとはのんびりするぐらいしかやることありません。

 

ビール飲んで、釣りして、ウミガメと泳いで、夕陽見て…

 

最高の1週間でした。

 

まずは泊まった宿「camping mihinoa」

 f:id:yk10bb89:20170426211427j:image

イースター島では、毎日テント暮らしをしてました。

 

イースター島でキャンプってめっちゃ楽しそうだなって思ってここにしました。

 

まずロケーションが最高。

 f:id:yk10bb89:20170426211435j:image

目の前が海です。

 

テントの中も、1人用のテントだけど快適。荷物置いても全然寝るのに邪魔ではありません。

 

テント、寝袋、マットは全て貸してくれます。

 

それで一泊9900ペソ。

 

イースター島の中ではかなり安いほうです。

 

まあデメリットは、ちょっと大通りや栄えてるところまで遠い。

 

それでも歩いて10分ぐらいなので、そこまで気になることではなかったです。

 

そして雨にやられることがある…

 

泊まってた中で、一晩だけかなりの暴風雨にあい、ちょっと水が染み込んできました。

 

まあその時はかなりの暴風雨が一晩中降り続いたので、そういう結果に。

 

ちょっとの雨なら全然大丈夫でした。

 

キッチン・シャワー・Wi-Fiありです。

 

まあWi-Fiは期待しないほうがいいです。

 

イースター島自体、Wi-Fiが弱く、たまに使えるぐらいでした。

 

あと空港まで送り迎えしてくれます。

 

迎えは予約していれば来てるはずです。

↑知らなくて歩いて行っちゃいました

 f:id:yk10bb89:20170426211514j:image

あと人懐っこい猫がいます。

 

 

 

次に村情報。

 f:id:yk10bb89:20170426211531j:image

おいしいエンパナーダ屋さん。

 

イースター島限定なのが、「Atun」が入ってるやつです。

 

Atunはマグロのこと。ツナ入りのエンパナーダです。

 

僕はAtun queso、ツナチーズを頼みましたがめっちゃうまかったです。

 f:id:yk10bb89:20170426211554j:image

レンタカー屋ゾーン。

 

何軒か並んでますが、1番手前の店が1番人気らしいです。

 f:id:yk10bb89:20170426211608j:image

僕もここで借りました。

 

ちなみに、安すぎるお店を選ぶと、何かと難癖をつけられお金を取られるらしいのでご注意を。

 f:id:yk10bb89:20170426211643j:image

国立公園のチケットを買えるとこ。

 

モアイのあるとこのほとんどは国立公園内です。

 

モアイのポイントごとに、きっちり係の人がいるので必ず買う必要があります。

 

54000ペソor80ドル。

 

こんなにお金取るくせに、一回しか行けないとこがあったり、夜入れてくれなかったりとケチくさいです。

 f:id:yk10bb89:20170426211709j:image

f:id:yk10bb89:20170426211733j:image

Wi-Fi公園。

 

フリーWi-Fiが使える公園が2つあります。

 

まあまあ普通に使えました。

 f:id:yk10bb89:20170426211741j:image

おいしいアイスクリーム屋。

 

ダイビングショップの近く。

 f:id:yk10bb89:20170426211800j:image

種類も豊富で、暑いときには最高でした。

 

値段は、

シングル 2100ペソ

ダブル 2800ペソ

トリプル 3500ペソ

 

まあそこまで高くないかなって感じ。

 

f:id:yk10bb89:20170426211813j:image郵便局。

 

ここでモアイのスタンプが押せます。

 

無料だったので、ぜひパスポートに。

 

切手は1000ペソでした。

f:id:yk10bb89:20170426211837j:image

f:id:yk10bb89:20170426211853j:image 

ATM2つ。

 

2つとも海沿いにあり、近い位置にあります。

 

お金を下ろす機会がなかったので使いませんでしたが、村内でも下ろせます。

 

まあ手数料が結構高いらしいですが…

 f:id:yk10bb89:20170426211909j:image

かわいいタンブラーが売ってるお店。

 

モアイのイラスト付きのタンブラーが売ってます。

 

店員にごり押せば、モアイの袋ももらえるのでがんばってみてください笑

 f:id:yk10bb89:20170426211926j:image

ウミガメと泳げるスポット。

 

村にあるモアイの近く。

 

浅瀬なので、泳げなくても全然大丈夫です。

 f:id:yk10bb89:20170426211948j:image

ウミガメが泳いでるのか流れてるのか微妙ですが、結構な頻度でいました。

 f:id:yk10bb89:20170426212026j:image

ちなみに奥にあるレストランでは、セビーチェが食べれます。

 

 

って感じでのんびりライフを楽しんでました。

 f:id:yk10bb89:20170426212048j:image

 

レンタカーでイースター島周遊

 

イースター島と言えばモアイ🗿

 

島中にモアイが点在しています。

 

このモアイを見るために、レンタカーで島を巡りました。

 

そもそも、島を巡るにはいくつかの手段があります。

・レンタカー

・バイク

・自転車

・バギー

ぐらいかな。

 

この中で難しいのが自転車。

 

チャリダーとか普段自転車乗ってる人ならいけるかもしれませんが…

 

イースター島の道はそんなに良くなく、ガタガタなところもあります。

 

そしてアップダウンもあるのできついです。

f:id:yk10bb89:20170421105035j:image

f:id:yk10bb89:20170421105057j:image

値段はこちら。

 

今回借りたのはマニュアルの4人乗りの車。

 

表示は50000チリペソだけど、当日行ったら値切る必要もなく、40000ペソで借りれました笑

 

車が余ってるらしく、当日行っても大丈夫そうです。

 

しかも当日のほうが安そう。

 

 3人で行ったので、1人13000ペソぐらい。プラスガソリン代合わせても16000ペソほどで借りれました。

 

王道のプランは、お昼から車を借りること。

 

なぜなら、その日は普通にモアイを見に行き、次の日の朝、モアイと朝日を一緒に見に行くことができます。

f:id:yk10bb89:20170424103338j:image

今の時期は、モアイの背後から太陽が昇ってくるっていうのは見れませんでしたが…

 

1番の朝日スポットは「トンガリキ」というとこ。

 f:id:yk10bb89:20170425123629j:image

モアイが15体並んでるところで、よく写真でも見るところだと思います。

 f:id:yk10bb89:20170425123654j:image

 ここはモアイがここで造られてたという場所。

 

かなり近い距離でモアイが見れます。

 

周ってみて気づいたのですが、意外と倒れてるモアイが多い。

 f:id:yk10bb89:20170425123705j:image

もう倒れてるのはいいよってなります笑

 

僕が訪れたのはちょうど満月の日。

 

せっかくなので満月とモアイを一緒に撮りたいと、夜にトンガリキに向かいましたが…

 

中に入れてくれませんでした。ちゃんと見張りがいます。

 

けど中に入った人の写真を見たことあるので、いない時もあるのかな?

 

それとも裏口があるのか。

 

そして満月の明るさを思い知らされた。

 f:id:yk10bb89:20170425123846j:image

まるで昼撮った写真みたい。

 f:id:yk10bb89:20170425123904j:image

星なんて全く撮れませんでした。

 f:id:yk10bb89:20170425123932j:image

カルデラみたいなやつ。

 

「君の名は」にこんな感じの出てくるらしい。

↑見てないのでピンとこない笑

 

 

 

 

ちなみにガソリンなんですが、日本と違い、満タン返しではありませんでした。

 

「借りたときのメモリの位置で返してね」とのこと。

 

マニュアル車だったこともあったのか、メモリは全然減りませんでした。

 

なのでガソリンは10000ペソ分で全然足りました。

 

結構余計に使ったほうだと思うので、もう少し少なくてもいいかもしれません。

 

って感じのモアイ巡りでしたー🗿

 

 

ハプニング続きでイースター島へ

 

ブエノスアイレスからチリのサンチアゴ経由でイースター島へ向かいます。

 

いきなりハプニング。ブエノスアイレス発の飛行機が遅れます。

 

サンチアゴでの乗り継ぎ時間は1時間半。かなりギリギリです。

 

飛行機は30分遅れで出発。

 

サンチアゴに到着はしましたが、またしてもハプニング。

 

ゲートがどこも空いてないから入れないということで、15分の立往生。

 

結局着いたのは9時15分ごろ。

 

イースター島行きの飛行機は9時半発。

 

100%間に合いません。

 

乗り継ぎの人も多かったみたいで、みんな走るように飛行機を降りてました。

 

もう急いでも間に合う気がしなかったので、とりあえずラン航空のスタッフのところへ。

 

したらイミグレを出て、窓口に行ってということなので向かいます。

 

イミグレは30分ほどで抜けました。

f:id:yk10bb89:20170416121811j:image

ここがラン航空の窓口。

 

話すと、今日のイースター島行きはもうないと言われ、明日に変更するようにと。

 

そしてホテルを手配してくれました。

 

それがなんとヒルトン!しかもシングルで。

 

朝昼晩ご飯付き。空港間の送迎付きです。

 

遅れたからホテルとかは手配してくれるだろうと思ってたけど、まさかヒルトンとは。

 

さすがラン航空!

 

イースター島には今日行けないけど、ヒルトン泊まれるしいいやと気持ちを切り替えると…

 

「やっぱ今の話忘れて!」

 

スタッフが急にホテルの紙をしまいました。

 

まさかの乗る予定だったイースター島行きがまだ出発してないと。

 

この時点で10時半。その飛行機はすでに1時間遅れ。

 

ラン航空よく遅れるなー。

 

11時発と言われ、急いでターミナルに向かいました。

 

イースター島行きは国内線でした。情報だと国際線の場合もあると聞いてて、日によるのかな。

 

あーヒルトン泊まりたかったなと心残りもありましたが、とりあえずその日にイースターに行けることに。

f:id:yk10bb89:20170416121813j:image

ゲートに着くと、やっぱりまだ出てない。

 

そして何かアナウンスがあると、急に騒がしくなりました。

 

列ができたので、とりあえず並ぶと、

f:id:yk10bb89:20170416121834j:image

このカードだけもらえました。

 

まだまだ飛行機が出ないみたいで、空港内のレストランで使えるカードらしいです。

 

まだ出ないんかい!

 

とりあえずタダでご飯が食べれるということでレストラン探し。

 

全部周りましたが、ちゃんとした量が食べれそうなのはマックだけ…

 

あとはスタバもありましたが、お腹空いてたのでまたマック

f:id:yk10bb89:20170416121814j:image

1番高いやつ頼んでやりました。ここで気づいたんですが、このカードは6900ペソ分しか使えないみたいです。

 

まあ一食は余裕で食べれる値段なんですけどね。

 

ここで思い出したことが。

 

チリペソ持ってない…

 

慌ててゲートに向かったので、お金下ろすの忘れてました。

 

イースター島のATMは手数料高いし、上限があると聞いていたので、サンチアゴで下ろしたかったのに。

 

急いでATM探し。セキュリティ内には1つ。写真を撮り忘れましたが、スタバの目の前にありました。

 

ここのATMは上限200000ペソ。手数料5ドル。

 

結局ここでも手数料と上限もありましたが、下ろしました。

 

この時点で1時すぎ。

 

まだ飛行機出る気配がありません。

 

遅れてる理由ですが、聞いてもわからないので聞かなかったけど、天気は快晴だったので、恐らく機材トラブルかなと。

 

あとはひたすら暇つぶし。ワンピース読んでました。

f:id:yk10bb89:20170416121809j:image

結局出発は15時。

 

6時間遅れです。飛行機がこんなに遅れたのは生まれて初めてです。

 

遅れてなかったら、その日行けてなかったけど、さすがに遅れすぎです。

f:id:yk10bb89:20170416121843j:image

そしてイースター島到着。着いたのは7時前でした。

 

ハプニングだらけだったけど、無事イースター島に着けました。