読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stroll The Earth

Yuya Kanaiの旅ブログ

プエルトイグアスからエンカルナシオンへ

1アルゼンチンペソ=8円

 

 

イグアスの滝を後にし、次はブエノスアイレスを目指します。

 

けどその前に、ちょっとパラグアイが気になったので、アルゼンチンとパラグアイの国境の街ポサーダスに向かい、そこからパラグアイのエンカルナシオンに行くことに。

 

使った会社はCrucro Del Norte

 f:id:yk10bb89:20170409152625j:image

値段は300ペソ(ガードだと340ペソです)

 

プエルトイグアス・ポサーダス間は他にも運行してる会社がありましたが、ポサーダスに早朝に着きたかったのでこの会社にしました。

 

昼間のやつだと、250ペソのところもありました。

 

バスは0時半発。それまでバスターミナルにあるビュッフェで時間をつぶしてました。

 

こっちのビュッフェは、日本と違って食べ放題ってわけではなく、取るのは一回。その取った重さで値段が決まるという仕組みです。

 

ここのビュッフェは、Wi-Fiがあり、コンセントもあるので、時間をつぶすにはうってつけです。

 

だいたい時間通りにバスが来て、そこから約5時間。

 

6時前にはポサーダスに到着。

 

そこからエンカルナシオンに向かいます。

 

エンカルナシオンへは、バスターミナルから国境を越えられるバスが出ています。

 

ポサーダスのバスターミナルは、2階が長距離バス。1階が短距離バスになっているみたいで、エンカルナシオン行きは1階から出ています。

 f:id:yk10bb89:20170409153919j:image

バスの本数は、そこそこ多そうです。ぼくが乗るときも、すでにもう二台待機していたので。

 

料金は22ペソ。チケットを貰うので、これをなくさないようにしましょう。後々使えます。

 

そして20分ほとで国境に着きます。

 

バスは一旦降ろされます。スムーズにいけばそのバスに乗れるし、もし国境で時間がかかっても、先ほどのチケットで何度でも乗れます。

 f:id:yk10bb89:20170409153950j:image

早朝なので国境も空いてました。

 

そしてバスで橋を渡りパラグアイに上陸。

 f:id:yk10bb89:20170409154017j:image

先ほどのバスで、エンカルナシオンのバスターミナルまでも行くことができるので便利です。

 

 

次はエンカルナシオンを散策します。